藤が丘の歯科なら安心してインプラント治療も任せられます

歯医者

藤が丘の歯科で受けられるインプラント治療には1回法と2回法がある

治療器具

インプラント手術には1回の手術で済む1回法と、2回の手術が行われる2回法があります。インプラント本体、アバットメント、上部構造とインプラントは3つで構成されています。身体との親和性に優れているチタン製のインプラント本体の上にアバットメントを取り付けし、審美性に優れているセラミック製の上部構造をかぶせます。インプラント本体を埋め込みするには歯茎を切開することが必要です。
1回法ではインプラント本体の埋め込みからアバットメントの取り付けまで1回の手術で行っています。手術回数が少ないために患者さんへの負担が軽いと言うメリットがあります。その代わり骨量が少なく骨再生法が必要になった場合、感染症のリスクが2回法より高くなります。
2回法では1回目の手術でインプラントを埋め込みし、いったん切開した歯茎を閉じてあごの骨に結合するまで待ってから、2回目の手術でアバットメントを取り付けしています。手術が2回となるため、患者さんに負担がかかりますが1回法より感染症のリスクが低いと言うメリットがあります。料金は1回法より手間がかかる分だけ2回法のほうが高めです。歯科医院によっては希望や状態によって1回法2回法どちらか選べることがあります。歯科医師と良く相談しながらどちらで治療を進めるか決めていって下さい。